医療機関で受けられるシミ治療の種類と違い

###Site Name###

医療機関で提供されているシミ治療には多くの種類が見られ、それぞれの治療法に違いと特徴があります。
シミ治療は、シミの種類やできている部位により、異なる治療法が用いられる事が一般的です。
軽度の色素沈着の場合には、内服薬が用いられることが多くなります。


また、外用薬の塗布が併用される事で、身体の外側と内側から効果的にシミを除去する事が出来るため、加齢が原因となる色素沈着では大変多く用いられている治療法です。



また、医薬品を用いての色素沈着の除去は、皮膚への炎症で発生したしみにも効果が高く、幅広いシミへの対応が可能な治療とされています。

そして、シミの治療の中でも、美容外科クリニックなどで採用されている治療法に、レーザー光線を照射するものがあります。

池袋のシミ治療の専門知識を身につけましょう。

レーザー機器は医療機関でのみ扱いが許可された医療機器で、シミの沈着している部位や、色素の色合いや範囲にあわせて、適切な強度を持つレーザーが使われることが大切です。

気になるNAVERまとめの情報サイトはこちらです。

レーザー光線を照射された皮膚は、軽い火傷を負ったような状態となることから、回復までのダウンタイムも必要とされ、美しく仕上げるためにはドクターの指示の下で適切なケアも必要です。


レーザー光線による治療は、医薬品での効果か薄いと判断された場合に適用される事が多くなります。

レーザーを用いたシミ治療は、顔だけではなく、手の甲や腕など、全身に受けられる施術である為、希望する箇所のシミをクリニックで除去してもらう事が可能です。